熊本の家庭教師

教師専用ページ

指導内容報告書ログイン

人気のある実力教師の指導法とは?

指導の中でどのようなことに注意していますか?
S先生(熊大生教師)
とにかく褒めてます。生徒さんにもよりますが、私は生徒さんがしようとすることは、褒めて、その次に改善点を言うようにしています。
M先生(熊大生教師)
生徒さんと仲良くなることはもちろんですが、ご家庭とのコミュニケーションも大事にしています。生徒さんとご家庭と、それぞれ思いが同じこともあれば、違う場合もあります。生徒さんとご家庭としっかりコミュニケーションを取ることで、どちらの相談も聞くことができています。
A先生(プロ教師)
生徒さんの学力に合わせた指導方法を見つけるようにしています。出来たら褒める!分からない時は、感情に任せて怒るのではなく、丁寧に丁寧に分かるまで指導しています。
指導の進め方はどのようにしていますか?
D先生(プロ教師)
まず、生徒さんの学習力を確かめ、どこが苦手なのか、どこでつまづいているのかを見つけ出します。
それから目標を設定し、その目標に向かって何をしなければならないのか、どのような指導方法が良いのかを考えます。
Y先生(熊大生教師)
まずは、学校や塾などの宿題がたまっていないかをチェックします。たまっている場合は、宿題のフォローをします。そのあとに、自分が出した宿題のチェックに入ります。間違っているところは解説します。ですので、答えが合っているあっていないだけのチェックではなく、答えを導き出す過程もしっかり見るようにしています。
成績がアップした指導法とは?
K先生(プロ教師)
数学:反復練習(答えまでの手順を示し、手順通りに演習を重ねる)
英語:動詞や単語の暗記から入ります。暗記のやり方から指導します。その後宿題で暗記を出し、次の指導で暗記ができているかのチェックをします。指導が単調にならないように、暗記方法にも工夫をしています。
I先生(熊大生教師)
国語:演習を反復します。反復で同じような問題を探しだし、解かせて解説という流れで指導しています。受験生や短期契約でない生徒さんは、読書から始めることもあります。
文章に親しみをもってもらうことを目的とします。

お問い合わせ

合格速報

入試情報

入試情報

生徒専用ログイン

教師専用ログイン